頼れる(財)住宅保証機構「住宅完成保証制度」導入

(財)住宅保証機構の「住宅完成保証制度」とは?

(財)住宅保証機構の住宅完成保証制度とは、建築業者の倒産などにより工事が中断した場合に、お客様の負担を最小限に抑えて家を完成させることができる制度です。
(財)住宅保証機構が工事の中断や引継ぎに伴い発生する増嵩工事費用や前払い金の損害損失分を限度額の範囲内で負担してくれます。
また、ご希望の場合には工事を引き継ぐ業者を紹介してくれます。

[図](財)住宅保証機構の「住宅完成保証制度」 住宅完成までサポート 1.増嵩工事費用の保証 2.前払い金の損害補償 希望により代替履行業者あっせん

(財)住宅保証機構の「住宅完成保証制度」の保証内容

1.増嵩工事費用の保証

住宅の未完成部分を別の業者に引き継ぐ場合、足場の組み替えなどの手戻り工事費や建設機械のリース再契約費などがよけいにかかり、当初の予算をオーバーしてしまうことがあります。
工事の中断や引継ぎに伴い発生する増嵩工事費用を当初の請負金額の20%を限度額としてお支払いします。

2.前払い金の損害保証

建設会社が倒産するタイミングによっては、工事の進行状況よりも多く支払っている場合があります。
多く支払った前払金と出来高の差額分は戻ってきません。
差額が生じた場合の損害に対して、当初の請負金額の20%を限度額として補償金をお支払いします。

信頼できる業者だからこそ登録できます

(財)住宅保証機構の住宅完成保証制度の登録には厳しい審査があり、一定の審査を通過した信頼できる住宅建築業者だけが登録できます。
信頼の置ける業者のみ登録が認められている制度です。

現在(2011年)(財)住宅保証機構の住宅保証制度は、岐阜県全体で26社、西濃地域では4社しか登録できておらず、チェックハウスはそのなかの一社です。
登録を審査する(財)住宅保証機構から、優良業者だとお墨付きをいただいていますのでご安心ください。